和装の結婚式

変わりつつある和装

日本人なら1回は着てみたいのが和装です。昔の和装と今の和装は変わりつつあるって知っていましたか。
和装というと、昔ならではのイメージを思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。今は、昔の和装から少し変わりつつあるんです。変わりつつある代表的なものは「髪型」。茶髪のかつらがあったり、洋髪が人気になってきたりしているんです。とても現代的ですよね。それに合わせてメイク方法も変わりつつあります。和装もどんどんおしゃれになってきているんですね。想像すると可愛らしさが頭に浮かびます。是非試してみたくなる衣装の一つです。

 

和装の種類も色々

和装といっても、色々な種類があるってしっていましたか。
代表的なものは「白無垢」。こちらは神前式で着る清楚な白の婚礼衣装。帯や小物や衣裳すべて白で統一していくんですね。純白な白は何色にも染まりますよ…という気持ちを表したもの。その他に「色打ち掛け」。こちらは白以外の色で豪華な色や装いで、お色直しに着ることが多いものです。その他に「引振袖」。裾を引いた振り袖で、帯周り小物や着物の柄で印象を変えやすく洋髪で合わせるなど洋服に近い感覚で着こなせることもできます。その他に、「新和装」こちらは、新しいスタイルの和装となります。現代風の柄や衣裳など色々あり、洋髪との相性も抜群でドレス感覚で着こなすことができるんです。どれも素敵ですね。

 

神秘な空気に囲まれる結婚式も素敵

テレビや雑誌などをみていると、神前式と仏前式で挙式をする芸能人の方も見うけられます。とっても素敵ですね。
神前式や仏前式の結婚式は、神秘な空気に囲まれて、そして緑や自然に囲まれて、とても素敵だなと感じたりもします。心も和みます。普段、お願い事をする神さまや仏様の前で結婚式をあげるんです。そして神様や仏様に結婚の報告をするんです。神前式や仏前式って、とてもご縁や幸せがもらえ、この先どんどん幸せに溢れそうな予感がしますね。日本ならではの結婚式…もとても素敵です。

 

まとめ

女性なら夢見るウエディングドレス。だけど、和装の結婚式も知れば知るほど魅力がいっぱいですね。場所を基準に選ぶのか、着るものを基準に選ぶのか、雰囲気を基準に選ぶのか…本当に迷います。だけど、最後はひらめきかもしれませんね。沢山見学に行って、ここだったら幸せの予感を感じる!…と感じたところであげるのが一番かもしれません。