婚活で見つけた相手とのメールの注意点

興味を持てば不安はつきもの

結婚 メール

まずはこちらを実践されたでしょうか?

 

言われたいことは、言ってあげるという心のつかみ方

 

婚活で見つけた異性とは、やっぱりすぐに結婚を意識しますよね。

 

お互いに未来を見据えて出会ったわけですから結婚を意識するのは当然のことです。

 

だけど、やっぱりどんな中でも不安はつきもの。大好きになればなるほど不安は生じてくるんですね。

 

「私のことが好きなのかしら…」「私という存在に出会っても、彼はまだ婚活しているのかしら…」色々な不安でいっぱいです。

 

でも、相手を信じてあげることも大切。

 

きっと相手だって同じことを考えているかもしれません。

 

「まだ婚活してる?」なんて聞いたら不愉快な喧嘩メールになってしまいます。

 

「好き?」って聞きたいのなら、「好きだよ」とメールで送ってあげたいものですね。

 

その方がきっとお互いに幸せを感じるはずです。

 

どんどん将来のことを話そう

婚活の出会いは、結婚への近道。
どんどんコミュニケーションを深めましょう。

 

メールを送りたいけど、何を送ろう?なんて日々考えますよね。結婚を前提の婚活で出会った彼なら、どんな結婚感をしているのかどんどん聞いてみましょう。

 

コミュニケーションも深まります。嫌いなところ、良いところを見つけてどんどん相手を知り尽くすのが結婚の早道。皆さん良いところばかりはありません。

 

悪いところを見つけてそれでも好きと思える方と結婚したいものですね。
未来のわくわくメールから結婚も早まりそうですね。

 

相性が合うか合わないかの見極めも大切

 

結婚を前提で出会った彼なら、ここで本心を見極めなければいけません。

 

今は、メールのやり取りなどが主流です。メールのやり取りだけでも文章から性格が分かってきます。

 

またメールを送る頻度からも性格も分かってきます。そんな中で相手を見極めるのも大切なポイントのひとつ。

 

自分に合う性格なのかしら…しっかり見極めましょう。

 

注意したいのは、メールだけでは分からないこともあるということ。

 

男性って結構クールな方とおしゃべりな方に分かれます。
メールがクールだなと思ったらやっぱり合ってその人を確かめることも必要ですね。

 

まとめ▼

婚活は結婚への近道とされています。条件がはじめから見えていますから。
でも、結婚しないで今までいたからにはそれなりの理由があるのかもしれません。

 

メールなどコミュニケーション力を上手に使って相手をしっかりと見極めたいものですね。
必ず赤い糸は存在します。あなたにピッタリの方見つけたいものですね。