ネットで婚活はオタク男性が多い?

オタクの意味

ネット婚活

オタクって暗いイメージがありますが、オタクのイメージは2つに分かれるような気がします。

 

オタクとは自分の好きな事柄や興味のある分野に一般の人よりはるかに熱中している人や詳しい人のことをいうんですって。

 

テレビなどで見るとオタクとは暗いイメージがあったりしますが、オタクの人は、好きな分野においてとても詳しかったりします。

 

逆に、専門的分野が詳しくてその方に興味が持てたりすることもあったりするのではないでしょうか。

 

やっぱりプロとなる人は、一般の人より詳しく情熱があるからプロになりますよね。お使者さん料理人みんなその道のプロです。

 

右にでるものはいないのです。

 

だから、オタクといっても、プロ的詳しい人もいれば、暗い人もいたり色々なタイプに分かれるのです。

 

ネットで出会いならlivedoor

 

ネットで婚活はオタクが多い?

 

では、ネットでの婚活ってオタクの人は多いのでしょうか。

 

ネットでの婚活は、やっぱり忙しい人、控え目な人、コストを抑えたい人、自分の時間をマイペースに過ごしたい人、今のブームに乗っかって婚活を楽しみたい人…色々な人がいると思います。

 

だから一概にネットでの婚活はオタクが多いとは言い切れません。

 

また、趣味が同じ人がお付き合いをして結婚なんていうこともあります。

 

知らないことをしっているからすごいと結婚する人さえもいます。
出会いって不思議。きっかけとタイミングです。

 

お互いにどこに興味を持つか…分かりませんよね。

 

ネット婚活は現代人向け

インターネットは現代人の利用手段だったりしますね。

 

知らないとネット婚活は内気なイメージがありますが、今はメールやLINEでやり取りしたり、フェイスブックを使ったりする時代です。

 

しかも、今の時代テレビを見ない時代と言われインターネットをいじる方もどんどん増えているともいわれる時代に変わりつつあります。

 

不思議ですね。田舎の方にいっても、この人もラインやフェイスブックやっているんだ…って時代です。ブームに乗っかっていた方が今の時代はすごかったりします。
なので明るい考えでネット婚活ブームに乗っかってみるのも良いのかもしれません。

 

まとめ▼

今と昔の考え方はだいぶ変わってきています。
今は、一家に1台のパソコンの需要から、一人一台のパソコンの需要に変わってきていたりもします。

 

そんな中、婚活システムも、スタッフが紙をもって進める婚活から、パソコンで紹介したり、マッチングしたり…はたまたネットで遊びながら婚活が出来たりと時代は変わってきているんですね。